あなたの東北旅行が良いものになりますように・・・

このサイトで紹介している東北旅行に関する情報があなたの旅行の助けとなればと考えております。

プランの提案

春に東北旅行を計画しています。「北国の春」を満喫できる場所と時期を教えてください。

投稿日:

澄み渡った青空のもと桜や菜の花が地面を彩り、遠くに見える山はまだ雪を頂いている…東北の春は、ポスターやテレビでおなじみの光景があちらこちらで見られます。

飛行機の機内でスマホを操作する男性旅行客

東北の春は本当に美しく、寒く長い冬を越した喜びにあふれています。空気がきれいな分、花や空の色が一層鮮やかに感じます。

どこに行っても心洗われる風景が広がりますが、私は特に秋田を推薦します。秋田と言うと、角館の武家屋敷に咲く枝垂桜が有名ですが、県内には桜だけでない花の群生が見られる場所があります。それが仙北市です。

仙北市田沢湖町の刺巻温泉地区には水芭蕉の群生地があり、4月の声を聞くと3haもの湿地にたくさんの水芭蕉が咲いて春を告げます。

濃い赤紫色のザゼンソウも同時期に咲き、水芭蕉との対比で目を楽しませてくれます。園内は木道が整備されているので、誰でも容易に花の鑑賞ができます。

雪解けの清流に咲く花を見ていると本当に清々しい気分になります。5月上旬までこの景色が楽しめるそうです。もう一か所は仙北市の西木町で、ここはカタクリの群生地です。

20ha、東京ドーム4個分以上の広さの土地に一面カタクリが咲く圧巻の景色が広がります。こちらは4月中旬から5月上旬に開園され、保全に使われる1人300円の入園料が必要です。

天候にもよりますが、4月中旬が見頃になることが多いようです。花の中心に桜の模様をつけた可憐なピンク色のカタクリの花が見渡す限り咲く中に、白いカタクリも咲いています。

見つけると幸せになると言われる白いカタクリを探しながら歩くのも楽しいですよ。両方を楽しむベストは4月中旬から下旬にかけてと思われますが、ゴールデンウィークでも辛うじて水芭蕉とカタクリの両方を楽しめる年が多いのではないでしょうか。念のため、事前に開花状況を調べてから訪ねるのが良いと思います。

同じ市内とはいえ、この2か所を楽しむなら車があると便利です。遠方から訪問する場合は現地でレンタカーを借りるのがおすすめです。

どちらも都会に住む人たちには信じられないような素晴らしい景色です。是非時間を取って東北の春を満喫してください。

東北の春は秋田がお勧め ー 水芭蕉とかたくりの群生地を訪ねよう

-プランの提案

執筆者:

関連記事

旅行先で腕を組むカップル

カップルで東北旅行は満足度2倍!

東北旅行は今更だがデートの穴場! 東北と聞くと、雪・自然・料理、こうお答えする方が大勢だと思います。しかし、東北地方は魅力ある土地で震災後に旅行する人口も年々増えています。 例えば、食。これからの時期 …